instagramでも靴製作の様子などご紹介しています。
  アカウントを持っていなくてもご覧いただけますので、よろしければこちらも是非、のぞいてみてください。
  →→instagram

2017年09月08日

お客さまの靴

先日納品いたしました、お客さまの靴です。

disn01.jpg

disn02.jpg

○仕様(メンズ)
表革:栃木レザーシュリンク 黒
裏革:ナチュラル
手縫いステッチ:こげ茶
靴紐:こげ茶
ソール:こげ茶

posted by cacica at 20:51| スタンダードライン

2017年09月06日

生徒さんの作った靴 2017 7・8月分

ysd.jpg
木型を使わずに、ご自身の足から作ったスリッポン。
切りっぱなしの革の端、手縫いのステッチに温かみが感じられます。

ogs.jpg
深いボルドー色のスリッポン。
当初はビット(金具付き)ローファーを作る予定でしたが、モカ縫いをやめてメダリオンにしました。
個性的な一足になったと思います。

tkzw.jpg
息子さんのために作ったサンダル。ヌメ革を緑に染めて製作しました。
何度も仮合わせをするのが大変でしたが、ちょうど良い季節に完成しましたね。

kyn.jpg
モカ付きの外羽根です。
繊細なミシンでのモカ縫いと2対の紐穴の組み合わせが珍しい仕様。
紐を下段で結ぶのもお洒落ですね。

endu.jpg
ボリュームのある外羽根ブーツ。
穴飾りでわかりにくいかもしれませんが、赤茶の革に入ったステッチは水色。
当初は目立つかと思いましたが、不思議と良い感じに馴染んでいます。

od.jpg
馬革で作ったサイドレースの靴。
ご自身で購入した馬革で、木型以外は工房のカジュアルラインと同じ仕様で製作しています。
木型の丸みが良く出て、可愛らしい形に仕上がりました。

posted by cacica at 22:14| 生徒さんの靴・教室の様子

2017年08月25日

8月のショップスペースについて

birdsnest.jpg

8月はレイアウト変更のため、ショップスペースおやすみとなります。
9月のショップスペースオープンは26日(火)〜30日(土)を予定しております。
直前になるかもしれませんが、また改めてご案内させていただきます。
よろしくお願いいたします。


posted by cacica at 21:45| おしらせ

2017年08月23日

外羽根サンプル 製作中

春〜夏にかけてのオーダーの山を越えたので、しばらく放っておいた外羽根サンプルの製作を再開しました。フルブローグは重厚にハトメ有りの6穴でまとめる予定。

sotobane01.jpg

あとはこの型紙で左下に位置する穴飾りの向き。順番で大きな「○」になれば問題はありませんが、サイズの関係で小さい穴になった場合、「・・」にするか「:」にするか。個人的な好みと、コンビにした時のまとまりの良さでは前者かな、というところ。いずれにせよ、角のところはもう少し間隔を広くとる必要がありそうです。

posted by cacica at 22:38| スタンダードライン

2017年08月07日

工房改装日誌

休日や空いた時間を利用しての工房改装。
私が打ち合わせやフィッティングをしていると、奥さんがバックヤードに行き来できなくなるので、小部屋のような通路のような空間を作りました。

kobeya01.jpg
床は杉の古材、壁は合板です。

kobeya02.jpg
今回は暗めのトーンにしたかったので、練り済み漆喰に墨汁を混ぜて塗っていくことにしました。

kobeya03.jpg

kobeya04.jpg
一度塗り目は途中で漆喰が足りなくなり墨汁と練り直したため、左の壁と正面の壁で色調が変わってしまいましたが、仕上げ塗りではなかなか上手く塗ることができました。

kobeya05.jpg
ショップスペース自体が広くなったわけではありませんが、空間に奥行きが出て良い感じになりました。

posted by cacica at 22:08| 工房改装日誌

2017年07月24日

7月のショップスペースオープン日

birdcageclock.jpg

急なご案内となってしまいましたが、明日25日(火)〜30日(日)が7月のショップスペースオープン日となります。時間は10:00〜18:00です。

スタンダードラインの採寸・打ち合わせ以外でしたら、どなたでもアポイント無しでお越しいただけますので、どうぞお気軽にお越しください。

posted by cacica at 23:04| おしらせ

2017年07月13日

色々考えてます

sole.jpg

先日、問屋さんから、いつも使っているゴムソールが廃番になったとの連絡をいただきました。それだけでなく、そのメーカーさんも今年一杯で廃業してしまうとのこと。表面の細かいテクスチャが気に入って使っていただけに、とても残念です。

今オーダーをいただいている靴の分はもちろんありますし、その時に多めに仕入れたので、すぐにどうこうということはありませんが、同時に自分の靴作りを見直す時期に来ていることも感じています。

ゴムのソールを使っているのは、その屈曲性とグリップに優れた性質が現代の生活に適していると考えているからです。ただ、製作の観点からみると強力な溶剤系の接着剤を使わなければならず、作業環境はとても良いとは言えません。それは合成の先芯にも言えることですが、私の職人としての(そしてその後の)寿命を考えると、いつかは溶剤系の接着剤を使わない靴作りにシフトしていかなければならないとも考えているのです。

革の先芯であれば溶剤は使わなくて良いですし、レザーソールは縫いつけた部分を伏せるときに使うくらいなので、溶剤の使用頻度はかなり低くできます。しかし、革の先芯は厚みが必要なので木型やパターンのバランスを見直す必要がありますし、レザーソールに至っては今までと履き心地が変わってきてしまいます。どのような靴がお客さまにとって、そして私にとっても良い靴なのか。サンプルをいくつか作ってみて、最適解を探していきたいと思っています。

どの製造業でも一緒かもしれませんが、靴業界でも革や道具がなくなったり、質が悪くなったりということが急速に進みつつあります。それは今の流れが急だから特に感じるだけで、誂え靴という文化が過ぎ去ったときから緩やかに進んでいることなのかもしれません。今までの職人さんがそうしてきたように、私もその時の時勢や置かれた状況でベストを尽くしていきたいと思っています。

さて、明日も靴、作ります。

posted by cacica at 22:57| 雑記

2017年06月27日

工房お休みのおしらせ

R0171358.JPG

明日6月28日(水)〜7月7日(金)まで、長めのお休みをいただきます。
この間にいただいたお問い合わせ等のメールは7日以降、順次ご返信させていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
posted by cacica at 17:43| おしらせ

2017年06月26日

生徒さんの作った靴 2017 5月・6月

生徒さんの作った靴、5月6月分のご紹介です。
完成ラッシュで足数がかなり多い2ヶ月でした。

mrue.jpg
旦那さんに作ったローファー。以前作ったものの色違いです。
旦那さんの靴も少しずつ増えて、ローテーションで履いていただけるようになってきましたね。

mtis01.jpg
お嫁さんに作った靴。シンプルな形に青い靴紐が効いています。
お渡しできるのは少し先になりそうですが、履いていただくのが楽しみですね。

skri.jpg
ご自身でパターンを引いて製作したベビーシューズ。
どこか懐かしさを感じさせる雰囲気です。
同じデザインで現在2足目を製作中。

od.jpg
シンプルな内羽根の靴。つま先の3本ステッチが良いアクセントです。
初めてのハンドソーンウェルテッド製法、頑張った甲斐あって、なかなかの出来です。

ootk.jpg
モカステッチのある外羽根の靴。
写真だとわかりにくいですが、素材はヌバックの肌理をオイルやクリームで潰したもの。
独特の風合いが出ていますね。経年変化も楽しみです。

mtis02.jpg
足首で紐を結ぶタイプのスリッポンです。履き口が深めなのがポイント。
ご自身で用意した革が硬めで苦戦しましたが、無事に完成して良かったです。

wd.jpg
木型〜型紙までご自身で準備してきた靴。
とてもスマートな仕上がりになりました。
木型の完成度も上がり、良いフィッティングになってきましたね。

oosm.jpg
白い鹿革のギリーです。
日焼けや汚れに気を使いながら製作していくのは大変そうでしたが、良い時期に完成しましたね。
たくさん履いてください。

ktd.jpg
以前作った靴のリピート製作。この形は3足目でしょうか。
気に入っていただけて何よりです。

ngc.jpg
こちらもリピート製作です。以前作ったのは白でしたが、今回は黒い革で。
色・素材が違うと、雰囲気もグッと変わります。

posted by cacica at 21:59| 生徒さんの靴・教室の様子

2017年06月17日

6月のショップスペースオープン日

今月は20日(火)〜25日(日)がショップスペースオープン日となります。時間は10:00〜18:00です。

kamo.jpg

工房はさいたま市大宮区の中心から少し離れ、のんびりとした畑が広がる地域にあります。近くを流れる見沼代用水では最近、鴨の親子を見かけるようになりました。

kappa.jpg

季節柄、さいたま新都心から用水路沿いを歩いてくるのも気持ち良いですが、河童もいるようですので、どうぞお気をつけてお越しください。

それから、少し先になりますが、6月28日(水)〜7月7日(金)まで、長めのお休みをいただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

posted by cacica at 23:24| おしらせ

2017年06月15日

お客さまの靴

先日納品いたしました、お客さまの靴です。

kwkm03.jpg

kwkm04.jpg

○仕様(メンズ)
表革:栃木レザースムース こげ茶
裏革:赤
手縫いステッチ:こげ茶
靴紐:ベージュ
ソール:こげ茶

posted by cacica at 22:29| スタンダードライン

2017年06月11日

一日体験教室

enmt.jpg

ひさしぶりのルームシューズ一日体験教室は、桶川からお越しいただきました。
完成したのは白地にボルドーが映えた素敵な一足。
教室にも興味があるとのことでしたので、空席が出ましたら是非ご参加ください。

posted by cacica at 23:03| 一日体験(ルームシューズ)

2017年06月09日

お客さまの靴

先日納品いたしました、お客さまの靴です。

mrk05.jpg

mrk06.jpg

○仕様(メンズ)
表革:栃木レザースムース 黒
裏革:ナチュラル
手縫いステッチ:黒
靴紐:黒
ソール:黒


posted by cacica at 22:44| スタンダードライン

2017年06月02日

文化学園大学講義 2017

毎年恒例、文化学園大学での講義も今回で7回目。

bunka2017.jpg

今年は午後から留学生のクラスもあったので、お昼休みを挟んで2コマ、工房での靴作りについてお話させていただきました。専門用語をかみ砕いて説明するのは難しいです。うまく伝わっていれば良いのですが。

posted by cacica at 22:41| イベント

2017年06月01日

「アートむすび市vol.4 」

戸田市の上戸田地域交流センター(あいパル)にて開催される「アートむすび市vol.4」に参加いたします。作家さんの作品販売やワークショップブースが並ぶイベントで、Cacicaのブースは革小物の販売と小さな靴型ストラップのワークショップになります。※靴の展示や受注はありません。

musubi.jpg

会場 :上戸田地域交流センター「あいパル」(戸田市上戸田2-21-1)
日時 :2017年6月4日(日)10:00〜16:00


今回のワークショップで作る小さな靴型ストラップ。
前後のパーツをカシメで留めて、靴紐を結ぶ簡単なワークショップです。

sikate.jpg

参加費:片足分500円(両足分800円)
所要時間:20分程度

初めて参加させていただく楽しそうなイベントです。
お気軽にお立ち寄りください。

posted by cacica at 21:22| おしらせ

2017年05月21日

2017春夏ソックス その2

受注会によりご紹介が遅くなりましたが、KARMAN LINEより2017春夏ソックスの第2便が届いております。

karmanline2017ss02.jpg

麻素材のGEMINIと、リピート買いのお客さまの多いLYRAのシャーベットカラー。
ともに展開はレディースのみとなります。

暑い日も増えてきましたので、夏の装いに取り入れてみてはいかがでしょうか。

posted by cacica at 22:09| KARMAN LINE

5月のショップスペースオープン日

jasmine.jpg

5月のショップスペースオープン日は、週明け23日(火)〜25日(木)・27日(土)・28日(日)となります。時間は10:00〜17:00です。

26日(金)は買い出しのため、お休みとさせていただきます。
よろしくお願いいたします。


posted by cacica at 21:59| おしらせ

2017年05月18日

お客さまの靴

先日納品いたしました、お客さまの靴です。

tkr021.jpg

tkr022.jpg

オプションで同素材のキルティタンをつけました。

tkr023.jpg

○仕様(レディース)
表革:タンニンキップ 黒
裏革:ナチュラル
手縫いステッチ:黒
靴紐:こげ茶
ソール:茶(ゴム部分は黒)

posted by cacica at 22:32| スタンダードライン

2017年05月17日

生徒さんの作った靴 2017 3月・4月

ご紹介が遅くなりましたが、生徒さんの作った靴3月・4月分のご紹介です。

myjn.jpg
〇○とステッチがランダムに入った外羽根の靴。
履いてみると思っていたよりさりげない主張で、足元のアクセントに調度良さそうです。

skri.jpg
黒い内羽根の靴。履き口は折り込み仕様でスッキリと。
型紙〜レザーソールの仕上げまで、ハンドソーンウェルテッド製法にて製作。
色々なことにチャレンジした一足です。

ysd.jpg
初めての一足はつま先に穴飾りのついたホールカット。
革にも木型にも、少しずつ慣れてきましたね。

mrt.jpg
キャップ付きのサドルシューズ。
初めてステッチダウン製法に挑戦しました。
この一足を踏まえて、次も同じモデルを作る予定です。

kkc.jpg
ご自身で用意した木型の切削から始めて、ハンドソーンウェルテッド製法での底付けまで。
気が付けば製作期間は一年になっていましたが、良いものができたと思います。

posted by cacica at 23:07| 生徒さんの靴・教室の様子

2017年05月15日

「Cacica in ソコノワ 2017」終了いたしました

sokonowa2017fin.jpg

川越「ソコノワ」でのカジュアルライン受注会は昨日14日、終了いたしました。
お越しいただいた皆さまには心より御礼申し上げます。

カジュアルラインはサイズオーダーですが、サイズ、足囲はもちろん、モデルによってもフィット感が異なります。色々とご試着いただく中で、今まで知らなかったご自身の足の特徴に気づいたり、靴選びの基準が変わったりという場面もありました。そのような時間を共有できたことを何よりも嬉しく思います。

オーダーいただきました靴は、これから少しずつ製作を進めていきます。
納期まで今しばらくお待ちください。

posted by cacica at 17:18| おしらせ