instagramでも靴製作の様子などご紹介しています。
  アカウントを持っていなくてもご覧いただけますので、よろしければこちらも是非、のぞいてみてください。
  →→instagram

2014年11月19日

お客さまの靴

kwkm01.jpg

先日納品いたしました、川口市のお客さまです。
初夏の展示会の際にオーダーいただいた靴になります。

既成の靴ではいつも小指が当たってしまうとのことで、足を拝見すると、足の内側にボリュームがあり、そのために靴の中で足が外側に押し出された結果、小指が当たってしまうようでした。
小指が当たるというと、木型の外側面に補正を施すと思いがちですが、このような場合、いくら外側に補正をしても、その分、足が外に押し出されてしまうため、効果は得られません。足のボリュームのある木型の内側に肉付けをし、靴の中で足が適切な位置に収まるようにすることが必要になってきます。

その他、小さめな踵に合わせて木型の踵付近も削ってあります。
踵付近は削りすぎても当たりが生じてしまうので、あまり攻めすぎないようにした結果、若干のゆとりが残りましたが、フィッティングに関しては無事、「足が包みこまれる感じがして心地良い」との感想をいただきました。

kwkm02.jpg

アッパー、ソールの色は、仮合わせの際にオーダーいただいた奥さまのカジュアルラインの色に合わせて決めていただきました。使用している革は違えどもお揃いの2足、仲の良いお二人によくお似合いでした。

○仕様(メンズ)
表革:栃木レザースムース 黒
裏革:ナチュラル
手縫いステッチ:こげ茶
靴紐:こげ茶
ソール:こげ茶(ゴム部分のみ黒)

posted by cacica at 20:30| スタンダードライン