instagramでも靴製作の様子などご紹介しています。
  アカウントを持っていなくてもご覧いただけますので、よろしければこちらも是非、のぞいてみてください。
  →→instagram

2015年07月29日

スタンダードラインとカジュアルライン

orderrack.jpg

現在、オーダーはお客さまの足に合わせて靴を作るスタンダードラインと、サイズオーダーで手作りの既成靴ともいえるカジュアルラインの2つを両軸としています。

スタンダードラインは足に合わせて木型から製作するため、お客さま一人一人とじっくり向き合いながら工程を進めていくような感じになります。カジュアルラインでもオーダーいただいたお客さまとは試着の際に顔を合わせていますので、お一人お一人に対する思いはありますが、既成の靴ということもあり、どちらかというと、手の速さや正確さに重きを置いていく作業工程になります。
製法による工程数の違いもあるのかもしれません。

お客さまにしてみれば、オーダーという点では一緒ですし、それを作るのも同じように思えるかもしれませんが、作り手にとってはやはり違うものです。スタンダードラインばかり作っていると、根を詰めて疲れてしまいますし、カジュアルラインばかりでは、多少、物足りなさを感じることもあります。

どちらが多くなるかはその時のオーダー次第なので、こちらでどうすることもできないのですが、バランス良くオーダーが入っていると、気持ちを切り替えながらうまく製作を進めていける気がしています。

現在動いているのは、スタンダードライン6足、カジュアルライン8足、それからベビーシューズが1足、修理が1足。なかなか良いバランスだと思います。


posted by cacica at 21:40| 靴のこと・道具のこと