instagramでも靴製作の様子などご紹介しています。
  アカウントを持っていなくてもご覧いただけますので、よろしければこちらも是非、のぞいてみてください。
  →→instagram

2018年06月19日

価格改定のおしらせ

japaneseleathers.jpg

少し前から、カジュアルライン・スタンダードラインともに、資材や設定を見直してきましたが、ようやく新しい仕様がまとまりました。いずれのラインも現行のものより、しっかりとした作りになります。新しい仕様での製作は7月受注分からを予定しております。

それに伴い、価格の改定もさせていただきます。
仕様変更の詳細と価格は以下のとおりとなります。(価格は全て税別です)

〇スタンダードライン

・木型
36,000円
 仮縫い用の革を含むようになります。
 今まで、仮縫いでは専用の安価な革を使用してきましたが、少し前から本番用の革を使用しています。

・本体
プレーントウ・キャップトウ・パンチドキャップ…88,000円
クォーターブローグ・セミブローグ…96,000円
フルブローグ…100,000円
 裏革が豚革から牛革に変更となります。(屈曲性を考慮して前足部のみ豚革という仕様も可能です)
 踵芯がよりしっかりとした革になり、つま先の芯も合成芯から踵芯と同じ革に変更となります。
 ソールのゴムは現行のものが廃番になったため、変更となります。表面のテクスチャが若干変わります。
 トップリフト(ヒール接地面のゴム)がより耐久性のあるビブラム社のものになります。
 飾り穴のピッチが細かくなります。

〇カジュアルライン
メンズ…44,600円
レディース…39,600円
 つま先の芯が溶剤系の合成芯からホットメルト系の合成芯になります。
 ソールゴムは現行のものが廃番になったため、変更となります。表面のテクスチャが若干変わります。
 トップリフトがより耐久性のあるビブラム社のものになります。

変更点は以上となります。
価格以上にご満足いただける靴を作っていきたいと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

posted by cacica at 22:25| おしらせ