instagramでも靴製作の様子などご紹介しています。
  アカウントを持っていなくてもご覧いただけますので、よろしければこちらも是非、のぞいてみてください。
  →→instagram

2013年10月29日

お客さまの靴

srn.jpg

AHAVAのミキさんの紹介で工房にお越しいただいたお客さまです。
秋冬用のブーツが欲しいとのことでオーダーいただきました。

甲のボリューム、やや小さめの踵等、目につく小さな特徴があり、それらはすぐに調整できたのですが、仮縫いを履いていただいた際に、右足の拇指球下部にアタリが感じられるとのことで、その一点への対処に頭を悩ませました。あまり前例のない箇所でしたが、複数のアプローチを併用することで、納品時にはアタリをなくすことに成功しました。

靴の形はオーソドックスなチャッカブーツ。
ホールド感を高めるためにシャフトをやや高くし、2穴のところを3穴にしています。
革を広く使用するため、素材の良さを味わえる形だと思います。

最近はパターンオーダーで靴を製作していますが、一人一人と話をしながら靴を製作していくオーダーもやはり面白いものだと再認識しました。製作も大変ですし、その分、靴の価格も今よりも高価になってしまいますが、うまく折り合いをつけて、いくらか自由度の高いオーダーもいつかやりたいです。

表革:栃木レザースムース マスタード
裏革:ナチュラル
ソール:黒

posted by cacica at 22:11| 靴のこと・道具のこと