instagramでも靴製作の様子などご紹介しています。
  アカウントを持っていなくてもご覧いただけますので、よろしければこちらも是非、のぞいてみてください。
  →→instagram

2013年04月28日

靴紐を活用しましょう

当たり前のことのようですが、紐靴の紐は飾りではありません。
脱ぎ履きの時に締めたり緩めたりはもちろん、フィット感の微調整もできる便利な「機能」です。

しかし、慌しい日々の中で、出掛けるとき、家に帰り着いたとき、きちんと紐を使って脱ぎ履きするのは面倒でなかなかできないという方が多いのではないでしょうか。靴を買ってすぐに緩めたままで、一度も締めたことがないという方もいらっしゃるかもしれません。そんな方には、是非一度、靴紐を締めてみることをおすすめします。

紐靴は元々、紐を締めて履くように作ってあるので、緩めたままでは靴の機能を活かしきることはできません。履くときは靴べらを使って足を滑り込ませ、踵を靴の後端に合わせてから、紐をギュッと締めて結んでみてください。足に合っている靴ならば、足の後半分はしっかりと固定され、指の周りには若干のゆとりができるはずです。それが本来の紐靴の理想とされるフィット感で、既成の靴でも紐をしっかりと締めてあげるだけで、フィット感は向上するはずです。

連休中お出かけの際は是非、靴の紐を締めてみてください。

kutuhimo.jpg

通し方を変えると、雰囲気だけでなくフィット感も変わったりしますので、色々と試してみるのも良いかもしれません。

posted by cacica at 17:19| 靴のこと・道具のこと