instagramでも靴製作の様子などご紹介しています。
  アカウントを持っていなくてもご覧いただけますので、よろしければこちらも是非、のぞいてみてください。
  →→instagram

2010年11月03日

靴のできるまで その9(完成)

ソール・ヒールをつけて靴の形になったら、あとは仕上げをしていきます。

dekirumade21.jpg

ソール周りはこの後、コテを当てるので、その前に準備。
靴の表から見えているウェルトの周りの面取りをしておきます。包丁を使って慎重に。


面取りができたらウェルト周りや積み上げに染料で色を入れていきます。

それからカラゴテ。
温めていないままのコテで、面取りした部分を平らにしていきます。ギューっと力を入れて成形します。

その後、コテを電気コンロで熱して、革の部分に蝋を溶かし込んでいきます。そうすることで形もカッチリ決まり、水にも強くなります。

蝋にも色々な種類があります。
硬い蝋はそれだけ仕上がりも硬くなり、キレイな光沢が出ますが、ドレスシューズのようになりすぎる気がするので、工房では柔らかめの蝋を使っています。
硬さはそれほどありませんが、やさしくカジュアルな雰囲気になるように。

最後に余分な蝋を拭きとって、コテ作業は終わり。
コテ関係の写真、撮り忘れました。
機会があれば載せたいと思います。

oneloopsample.jpg

あとは、紐や中敷を作ったり、クリームで磨いたり。
木型から抜いてから、紐と中敷を入れて完成です。
今回は大雑把に靴作りの工程を追ってみました。
かなり端折った説明になってしまいましたが、靴作りに興味を持っていただけるとうれしいです。

モデルの紹介はまた改めて。

posted by cacica at 19:46| 靴のできるまで 2010