instagramでも靴製作の様子などご紹介しています。
  アカウントを持っていなくてもご覧いただけますので、よろしければこちらも是非、のぞいてみてください。
  →→instagram

2017年10月22日

外羽根サンプル フルブローグ 完成

sotobane03.jpg

sotobane04.jpg

とりあえず左足だけ。もう片足は仕様を変えて作る予定です。

※オーダーは承ります。→外羽根のページ(2017/11/08追記)

posted by cacica at 23:18| スタンダードライン

2017年10月20日

トップリフト交換

通常仕様ではトップリフト(ヒール接地面)は、ソールと同じ素材の軟質ゴムです。私自身そうなのですが、硬い素材では、長時間歩いていると踵が痛くなってしまうことがあるので、柔らかいものを採用しているのです。柔らかい=減りやすいので、厚さを一般的なものよりもやや厚めの8oにしていますが、たくさん歩く方はやはりすぐに削れてしまうとのこと。

vibram5351_01.jpg

今回、お客さまに選んでいただいたのは、ビブラム5351という素材。
厚みはいつもと同じ8oですし、硬さも程々で良さそうです。

vibram5351_02.jpg

vibram5351_03.jpg

いつもと違うのは、中心線をしっかりと合わせること。慣れないので慎重に。

vibram5351_04.jpg

色はこげ茶の一色しかないようでしたが、どちらかといえば黒に近い色味で、違和感なく仕上がりました。

この後、ソールのコバ周りを少し仕上げ直して、アッパーを磨いたらお渡しとなります。

posted by cacica at 21:20| スタンダードライン

2017年10月15日

外羽根サンプル 釣り込み〜スクイ縫い

gibsonsample01.jpg

靴の形が見えてきました。なかなか良い感じです。

gibsonsample02.jpg

gibsonsample03.jpg

スクイ縫いは糸を今までよりもやや太めにしています。
糸をさばく時の摩擦の具合から、私のスクイ針ではこれくらいの太さが限界かもしれません。

posted by cacica at 21:56| スタンダードライン

2017年09月28日

外羽根サンプル 裁断まで

susucha.jpg

外羽根のサンプルは新しく仕入れたシュリンクレザーを使って製作しています。今までのシュリンクレザーが「シワシワ」という感じだったのに対して、こちらは「ツブツブ」という感じの仕上げ。入れ替える訳ではなく、これからは2種類扱って行く予定です。色のバリエーションもそれぞれ違いますので、お好みで選んでいただけると良いかと思います。

今回の革は、私にはグレーとベージュの間くらいに見えますが、奥さんに言わせると、「スモーキーブラウンじゃない?」とのこと。名前が長くて嫌だというと「じゃあ、煤茶。」と、骨董にハマりつつある私に刺さる、侘びた色名にしてきました。まあ、こうやって見ると茶系かもしれませんね。

木型に釣ると少し色が薄くなりますし、ステッチの色によっても雰囲気は変わりますので、どんな靴になるか、私自身も楽しみです。

posted by cacica at 22:31| スタンダードライン

2017年09月08日

お客さまの靴

先日納品いたしました、お客さまの靴です。

disn01.jpg

disn02.jpg

○仕様(メンズ)
表革:栃木レザーシュリンク 黒
裏革:ナチュラル
手縫いステッチ:こげ茶
靴紐:こげ茶
ソール:こげ茶

posted by cacica at 20:51| スタンダードライン

2017年08月23日

外羽根サンプル 製作中

春〜夏にかけてのオーダーの山を越えたので、しばらく放っておいた外羽根サンプルの製作を再開しました。フルブローグは重厚にハトメ有りの6穴でまとめる予定。

sotobane01.jpg

あとはこの型紙で左下に位置する穴飾りの向き。順番で大きな「○」になれば問題はありませんが、サイズの関係で小さい穴になった場合、「・・」にするか「:」にするか。個人的な好みと、コンビにした時のまとまりの良さでは前者かな、というところ。いずれにせよ、角のところはもう少し間隔を広くとる必要がありそうです。

posted by cacica at 22:38| スタンダードライン

2017年06月15日

お客さまの靴

先日納品いたしました、お客さまの靴です。

kwkm03.jpg

kwkm04.jpg

○仕様(メンズ)
表革:栃木レザースムース こげ茶
裏革:赤
手縫いステッチ:こげ茶
靴紐:ベージュ
ソール:こげ茶

posted by cacica at 22:29| スタンダードライン

2017年06月09日

お客さまの靴

先日納品いたしました、お客さまの靴です。

mrk05.jpg

mrk06.jpg

○仕様(メンズ)
表革:栃木レザースムース 黒
裏革:ナチュラル
手縫いステッチ:黒
靴紐:黒
ソール:黒


posted by cacica at 22:44| スタンダードライン

2017年05月18日

お客さまの靴

先日納品いたしました、お客さまの靴です。

tkr021.jpg

tkr022.jpg

オプションで同素材のキルティタンをつけました。

tkr023.jpg

○仕様(レディース)
表革:タンニンキップ 黒
裏革:ナチュラル
手縫いステッチ:黒
靴紐:こげ茶
ソール:茶(ゴム部分は黒)

posted by cacica at 22:32| スタンダードライン

2017年03月01日

お客さまの靴

先日納品いたしました、お客さまの靴です。

kmgi03.jpg

kmgi04.jpg

○仕様(メンズ)
表革:栃木レザースムース こげ茶
裏革:ナチュラル
手縫いステッチ:こげ茶
靴紐:こげ茶
ソール:こげ茶

posted by cacica at 23:21| スタンダードライン

2017年02月24日

新ラスト c201

サイズ展開に出していたスタンダードライン用の新しい木型があがってきました。
最初に使っていたものから少しずつブラッシュアップして今回で4代目になります。

c201.jpg

基本的には今までと同じく、汎用性を考えつつ補正の際の手数を減らせるように形を変えていっていますが、今回は底面形状にも変化をつけています。木型底面に肉付けをすることで、足のボリュームが底面エッジより下に沈み込む設計です。底面はアーチや荷重を考慮した形状にしやすくなり、その分、エッジより上は薄くスマートになりました。

今までとはまた少し違ったアプローチになるので、まずは自分の靴と奥さんの靴を作って様子を見ることにします。

posted by cacica at 22:08| スタンダードライン

2016年12月06日

お客さまの靴

先日納品いたしました、お客さまの靴です。
ご夫婦でオーダーをいただきました。

mrk01.jpg
○仕様(メンズ)
表革:栃木レザースムース こげ茶
裏革:赤
手縫いステッチ:こげ茶
靴紐:こげ茶
ソール:こげ茶

mrk02.jpg
○仕様(レディース)
表革:栃木レザースムース 緑
裏革:ナチュラル
手縫いステッチ:こげ茶
靴紐:こげ茶
ソール:こげ茶

履いていただいた時の写真を撮り忘れてしまいました。
また機会がありましたら、ご紹介させていただきます。

posted by cacica at 22:10| スタンダードライン

2016年10月21日

お客さまの靴

先日納品いたしました、お客さまの靴です。

fjwr01.jpg

fjwr02.jpg

フルブローグのギンピングとメダリオンをなくして、すっきりとした印象に仕上げました。

○仕様(レディース)
表革:タンニンキップ 黒
裏革:ナチュラル
手縫いステッチ:黒
靴紐:黒
ソール:黒

posted by cacica at 23:40| スタンダードライン

2016年10月11日

お客さまの靴

先日納品いたしました、お客さまの靴です。

kmgi01.jpg

kmgi02.jpg

○仕様(メンズ)
表革:栃木レザースムース 黒
裏革:ナチュラル
手縫いステッチ:黒
靴紐:黒
ソール:黒

posted by cacica at 22:25| スタンダードライン

2016年09月06日

お客さまの靴

先日納品いたしました、お客さまの靴です。

mur01.jpg

mur02.jpg

○仕様(メンズ)
表革:タンニンキップ 黒
裏革:ナチュラル
手縫いステッチ:黒
靴紐:黒
ソール:黒

posted by cacica at 22:15| スタンダードライン

2016年03月18日

お客さまの靴

先日納品いたしました、お客さまの靴です。

gud01.jpg

gud02.jpg

○仕様(レディース)
表革:タンニンキップ 茶
裏革:ナチュラル
手縫いステッチ:こげ茶
靴紐:こげ茶
ソール:こげ茶

posted by cacica at 21:24| スタンダードライン

2016年02月11日

お客さまの靴

tkr01.jpg

足の指の付け根の関節は骨が張り出しやすい部位になります。元々、骨が大きい場合もありますし、外反母趾や内反小趾などで後天的に突出してくることもあります。 そのような足の形をお持ちの方は、圧迫や擦れによって生じる痛みや、張り出した骨の形状が靴に出てしまうことに悩まれているようです。

母趾側の骨の張り出しは、木型の工夫で目立たなくさせるのも擦れを抑えるのも難しくはないのですが、小趾付近は靴を履いた時に外側に押し出されるため、その部位の張り出しの対応は少し難易度が上がります。こちらのお客さまは小趾側の骨の張り出しに加えて、とても柔らかい足をお持ちでしたので、それらを考慮して靴の製作に入りました。

小趾側の骨の張り出しに対しては、締め付けすぎると目立ちますし、なにより痛みが出てしまいます。しかし、柔らかい足は通常の絞り具合では靴の中で足が前すべりしてしまうため、通常よりも多めに絞る必要があるのです。そのバランスをとるのが難しく、今回は仮縫いから本靴へと足の様子を見ながら絞り具合を判断し、最終的には本靴の中敷を全敷にすることで程良いフィッティングを得ることができました。また、柔らかい革で作ったサイドライニングを当該部位の表革と裏革の間に入れることで、クッション性も高めています。

お客さまのご要望により、同素材のキルティタンをお付けいたしました。靴ひもに通していただくことで簡単に装着できますので、お洋服や気分にあわせて付け外ししていただけます。

tkr02.jpg

○仕様(レディース)
表革:タンニンキップ 茶
裏革:ナチュラル
手縫いステッチ:こげ茶
靴紐:こげ茶
ソール:こげ茶

posted by cacica at 22:31| スタンダードライン

2015年12月27日

お客さまの靴

msi01.jpg

msi02.jpg

今回ご紹介させていただくのは、あるお客さまの2足目と3足目の靴になります。

私どもの靴作りの姿勢に共感してくださって展示会でオーダーをいただいたのが最初で、それからおおよそ一年に一足のペースでオーダーを重ねていただいております。

今までは既成の靴を履き、くたびれてきたら買い換えていたそうですが、オーダーした靴の既成靴とは異なる履き心地に、靴に対する認識が変わったとのことで、今ではお持ちの靴もローテーションを組んで履き、修理をしながら長く付き合うようになったそうです。オーダーをいただくことはもちろんですが、このようなお話を聞くととても嬉しくなります。

足は後足部にボリュームがあり履き口に負担がかかるため、踵芯を長めに取ることでしっかりとホールドできるようにしています。2足目の時点ではまだ右足の土踏まず付近に少し余分なスペースがありましたが、3足目にはそれも解消し、現時点では手を入れる必要のないフィット感になっています。

ぴったりとフィットするようになった木型で、現在4足目の靴を製作中です。

msi03.jpg

○仕様(メンズ・2足目)
表革:栃木レザースムース 黒
裏革:黄色
手縫いステッチ:黒
靴紐:黒
ソール:黒

msi04.jpg

○仕様(3足目)
表革:栃木レザースムース こげ茶/栃木レザーシュリンク キャメル
裏革:黄色
手縫いステッチ:こげ茶
靴紐:こげ茶
ソール:こげ茶

posted by cacica at 23:09| スタンダードライン

2015年11月01日

お客さまの靴

hsgw01.jpg

左右の足の形や大きさがまったく同じという方も世の中にはいるのかもしれませんが、ほとんどの方には左右差が見られます。それが形なのか足長や足囲のように数値で表せるものなのか、また、その差が大きいのか小さいのかは様々ですが、オーダーの靴ならば、そのような場合にも柔軟に対応することが可能です。

こちらのお客さまは足囲に左右の差がかなりあるため、既成靴を選ぶときには、なんとなく違和感をお持ちだったようです。そのような場合、足囲が左右別々の数値の木型を製作することになりますが、ただ数値を追って補正を施せば良いというわけではなく、形もできるだけ左右で同じに見えるよう考慮しています。

左右の大きさが違うことで、おかしく見えないか心配される方もいらっしゃいますが、同じ大きさの靴を無理に履いて、不自然なシワが出たりするよりも、足元がきれいに見えるのではないかと思います。

モデルのご希望としては、プレーントウが良いとのこと。ただ、当工房のプレーントウは紐穴にハトメの入ったクラシカルなタイプの靴になるため、今回は通常のキャップトウからキャップ部分を省いて製作しています。既存のモデルに要素を足すことはできませんが、引いていくこと(例えばフルブローグをブラインド仕様にする等)は可能ですので、ご相談ください。

表革はタンニンキップの黒をお選びいただきました。キャップがなくなり広くなったトウ部分に革の肌理の細かさが引き立ちます。

hsgw02.jpg

○仕様(メンズ)
表革:タンニンキップ 黒
裏革:ナチュラル
手縫いステッチ:黒
靴紐:黒
ソール:黒

posted by cacica at 23:31| スタンダードライン

2015年09月23日

お客さまの靴

art01.jpg

足に靴が合わない要因として、幅が広い、甲が高いといった「形」が挙がることが多いですが、人によっては「大きさ」が悩みの種になることもあります。

こちらのお客さまは足のサイズが小さく、既成の靴で合うものを探すのが難しいとのことで、オーダーをいただきました。足のサイズを測ってみると、左右ともに20.5cm。前足部が幅広なこともあり、普段はやや大きめの靴を履いていらっしゃるとのことでした。

窮屈な靴が足に負担になるのと同様に、緩すぎる靴もまた足を支えてくれないため、足が疲れる原因になります。理想とされるのは、指の付け根から後ろ、踵までは足にピッタリと沿うようにタイトで、指先にはややゆとりがあるようなフィッティング。それにお客さま個々人の好みや今まで履いていた靴を考慮して、最適なフィット感を導き出していくことになります。

今回はお客さまが今まで大きめの靴を履いてきたことを加味して、指の付け根部分の締め付けを少しだけ緩めにすることにしました。

また、スタンダードなパターンバランスでは、履き口が狭く履きにくいとのことでしたので、仮縫いを経て、履き口が通常よりも大きく開くようなバランスに修正しました。

仕様は黒一色の中に、裏革のみ赤。靴を脱いだ際に、鮮やかさが目を引きます。

art02.jpg

○仕様(レディース)
表革:栃木レザースムース 黒
裏革:赤
手縫いステッチ:黒
靴紐:黒
ソール:黒

posted by cacica at 21:50| スタンダードライン